【豊かな組織であるために】みんな同じという思い込みがもたらすものは

みんな同じ?

ダイバーシティという言葉があちらこちらで聞こえてきます。

何か特別のことのように取り組みを考える企業もありますが、なぜわざわざこの言葉を取り上げるのでしょうか。

みんな違います。誰ひとりとして同じ人はいません。にも関わらずこの言葉が出てくるのは、“同じでなければならない”という思い込みが前提としてあるからではないでしょうか。

同じであれば安心。同じであれば管理も簡単。同じであれば・・・。

性別が違うから、人種が違うから、国籍が違うから、年齢が違うから、学歴が違うから、職歴が違うから、体の機能が違うから・・・。

みんな違います。誰ひとりとして同じ人はいません。

今までは、枠の中に押し込めてきた、または合わせてきただけのことです。仲間から外されないために、組織から外されないために、コミュニティから外されないために・・・。

違うからこそ配慮と工夫が必要なのです。

配慮と工夫をしていく人と組織は、そこに属する誰にも優しい、豊かな組織に変化していきます。

「配慮と工夫が組織を変える!それぞれの“特性”を知るセミナー」はこちらから

健康企業風土 人活®についてのお問い合わせはこちら↓から

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認