人を活かす 自立する人が育つ『心の教育・心のしくみ』

組織は人が礎となる 人は心が礎である 心の育成が組織を活かすカギとなる | 心財育成株式会社

自らの人生を豊かにする心の学習

『心の自立 そして 共存の組織』

自立とは、自ら考え、自ら選択し、自ら行動し、自ら行動の責任を覚悟できること。
人が自立するには「順序」があります。順序の礎は価値観であり、価値観が明確でないとどれだけ知識を積み上げても心が折れる、崩れる可能性が高くなります。
心には 「しくみ」 があることをご存知ですか?行動だけを強いることもできますが、「自立した人が育つ」 上で「心のしくみ」 を知ることと知らないことでは結果に大きな差がでます。
組織において一人一人が自立しているからこそ共存の組織になるのです。

人の育成は、価値観にあり!

人の育成に頭を抱えている方、考えている方にお伝えしたいこと。
人が育ち成長していくための教えや学びはたくさんありますが、それらの礎であるのが「価値観」です。この価値観が自らを突き動かしてくれるものであるにも関わらず、今までの人材育成、教育において曖昧で手付かずにされてきたことが、組織における今日的課題を生み出しています。人を育てていく過程において、まずは価値観を自覚すること。
心の成長はここから始まります。

価値観

人が活きるイメージ図 | 心財育成株式会社

自分は何を大切に生きているのか、自分を突き動かしているものは何なのか。この大切にしているものが価値観です
価値観は誰もが持っているにも関わらず言語化できている人は多くはありません。価値観は自分の軸であり判断基準です。ブレるということは軸である価値観が認識できていないということで起こります。
何よりも先に自分が何を大切に行動しているのかという価値観を意識にあげることが、自立への成長を加速させることに繋がるのです。

  • ★ 価値観・人生理念の詳細は ⇒ [こちら]

心のしくみ

目標に至る心のしくみ | 心財育成株式会社

感情が起こるにも、ネガティブに考えるにも、ポジティブに考えるにも、やる気が出るのも出ないにも 、わかっているのにできないにも、ミスコミュニケーションが起こるにも「心のしくみ」 があります。
今まで何故?と思っていたことに仕組みがあるとわかることで課題は加速して解決へと向かい、望む結果を手に入れることができるようになります。そして体系立てられた『心のしくみ』を組織の一人一人が理解、体感することで、自ら考え、自ら行動する、心が自立した組織へと変化成長します。人が育ち成長するためには『心と行動の両輪』 で行うことが大切です。

  • ★ 人を活かす 心のしくみ研修の詳細は ⇒ [こちら
  • ★ 人生が良くなる心のしくみ塾の詳細は ⇒ [こちら

人育リーダー養成講座

人は勝手に育ちません。人を育てる人も勝手に育ちませ自ら考え動く人が育つには適切なサポートが必要です。人を育てるための「あり方とやり方」を学ぶ講座です。

人育てについて私たちは習うことがありません。
多くの人が人育てには、手探りで試行錯誤しながら行動を起こしています。人を活かすには、人が動く心の仕組みを理解すること。そしてその理解はあり方が伴わなければ、いずれにしても成長を妨げることになります。養成講座では、人を育てるリーダーのためのトレーニングをしていきます。
人を育てるということは、自分も育つということ。共育ちです。

  • ★ 人育リーダー養成講座の詳細は ⇒ [こちら

最新の記事

人育3分Talking第14回「普通ってなんですか?」

人育3分Talking第14回アップしました! 人育3分Talking第14回 今回のテーマは、私たちが普段よく使う言葉で「普通わかるでしょ」とか「普通行動するよね」とかこの「普通」という言葉。 自分の普通は相手の普通で …

続きを読む ⇒

人育3分Talking第13回 人に「期待」をかけることありますか?

人育3分Taking第13回アップしました! 人育3分Taking第13回 期待することはありますよね?そしてその期待は、誰のための期待でしょうか? この ”誰の” というところに気づかずに”期待”し、その期待通りになら …

続きを読む ⇒

自分を知ると同時に相手を知る

自分が何をしているのか、どのような考え方をしているのかを知ると同時に相手は何をしているのか、どのような考え方をしているのかを知る。 これは心理という心の筋道に沿ったものであるからこそ、理解でき納得できる。 そして今まで何 …

続きを読む ⇒

あれから一年

「8年前に心のしくみを知っていたら・・・」「30年前に、あ〜ちと出会っていたらもっと楽に生きてこれただろうに」とそれぞれの組織でお話しする中でこのような言葉がありました。 しかし、出会うのは今だったのです。今だからこそ、 …

続きを読む ⇒