成長が加速するときの条件

私たちは成長し続けています。

それが嫌々していることであろうが、しようと思いしていることであろうが。

成長が加速するときは「しよう」「したい」と思っている時に起こります。

「しよう」「したい」となるために必要な条件があります。

それは、『自分事としてとらえている』こと。言い方を変えると『当事者意識がある事』とも言えます。

自分事だと認識したならば、私たちは、思いを馳せ、どうしたらできるのか考えます。

反対に他人事だと認識したら、そこには力が入りませんし、思いも馳せないし、考えることもしません。

組織においても家庭においても学校においても、自分事として捉えることは誰でもできます。

しかし自分事にならないのは、それまでの環境の違いや人との関係性も影響しています。

成長したい、成長してほしいと考えるならば『自分事として捉える』『当事者意識になる』ことです。

視点をどこにもっていくかということです。

#心のしくみ
#健康組織風土
#人育人活サポーター
#成長

     *は、必須項目です。

    〔 お名前* 〕

    〔 会社名 〕

    〔 お問い合わせ項目* 〕
    研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

    〔 メールアドレス* 〕

    〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

     確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
     確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

     確認