伝えることと伝わることは違う

「どういう意味かもう少し詳しく教えてください」と質問をいただきましたので、例えてお話します。

スポーツの野球またはソフトボールのキャッチボールで例えれば
伝えるは「ボールは投げた」
伝わるは「投げたボールを相手が受け取ったのを見届けた」の違いというところでしょうか。

伝える前の段階から言うと「相手が受け取る体制にあることを確認して投げている」
上手な人は、相手の取りやすいところを狙って投げますからね。投げっぱなしは上手ではないです。


さらに言うと「相手も自分もチームとして勝利という目標(目標であって目的とは限らない)に向かい自分の役割が理解できていて、この人からは受け取れるボールがくると過去の経験から積み上げられた信頼とこの人やチームのためにボールは何としても取る!」というような関係性を日々作り上げているかというところです。

伝わりましたか?答えになっていますでしょうか?

この問いかけも大切な双方向のやり取りですね。

そしてスポーツの場合、練習、練習また練習をして、互いのやり取りを確認し上達していきます。

コミュニケーションも日々、練習、練習また練習です。

もし練習方法や仕組み、コツが解らなければ学んでください。いつでもサポート致します。

     *は、必須項目です。

    〔 お名前* 〕

    〔 会社名 〕

    〔 お問い合わせ項目* 〕
    研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

    〔 メールアドレス* 〕

    〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

     確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
     確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

     確認