【心の育成・教育】折れない心になるプロセス レジリエンス

最近よく聞くようになった言葉、レジリエンス。
復元力・回復力・弾力などと訳される言葉です。
また強靭な心とも言われています。強靭な心ってどのようなプロセスでできるのか考えてみました。

強靭な心には柔軟性が必要です。
折れない心にはしなやかさが必要です。
柔軟性としなやかさには肯定的な視点への変換が必要です。
肯定的な視点への変換のためには明確な目標が必要です。
明確な目標のためには明確な目的が必要です。
明確な目的は自己の価値観と望む未来からきます。

折れない心であるために必要なことはとても容易なことで、自分の「価値観」を知ることです。

これは誰にでも備わっています。ただ意識に挙がっているか否かです。

自分の価値観がわかったとき、過去の自分の行動に説明がつきます。
とても納得できます。

私たちは自分の価値観に沿って望む未来を明確に描き生きているならば、心の折れようがないのです。

望む状態でないと観察するならば、望む状態になるまで柔軟性を発揮し、できるまでやり続けるからです。

価値観と望む未来は目的を明確化し
明確な目的な目標を明確化し
明確な目標は視点を肯定的に変換させ
肯定的な視点の変換は柔軟性をしなやかさとなって現れ
柔軟性としなやかさは折れようがない心となり現れます。

心のしくみを理解し、自分を取り扱うならば折れない心であり続けます。

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認