【心の育成・教育】 知識や行動と自信の関係

シャボン玉

知識を増やし資格を取れば自信ができるという考え方があります。

行動を繰り返し行い習慣化できれば自信ができるという考え方があります。

知識は自信の一端は担いますが、自らを信じることの本質は満たしきれません。

行動を繰り返し習慣化できることは自信の一端は担いますが、自らを信じることの本質は満たしきれません。

環境を整えられることは自信の一端は担いますが、自らを信じることの本質は満たしきれません。

自らを信じるという自信の本質は、自らの全ては “在る” ということに気付くことにあります。

ライン

お問い合わせは、こちら↓

お問い合わせボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です