【心の育成・教育】 自立か寄生か

虹

誰もが自分に「自分の人生」というものが与えられていながら、わざわざ「自分以外の人生」を生きようとし弊害が現れる。

当たり前のこと。

しかしこの当たり前のことである「本質」を見ようとしないからこそ不具合というものがこの世に生じると思うと興味深いことです。

本質を見続けること。
心根に耳を傾け続けること。
本当を感じ続けること。

軸が何なのか?
真中にあるものが何なのか?
根底にあるものが何なのか?
言い方が変わってもそこにあるものは同じ。

私たちはその周辺に”意識”が向きやすい。
台風の外側のように大きな動きに目が行き、
唸るような音を耳にし、
強い力を感じて振り回される。

無意識は根底にあるものを色んな形で現してくれる。
無意識に目をむけず、
耳を傾けず、
感じない
ゆえに色んなやり方で日常の出来事として意識にわかるように働きかけてくる。

そしてその現れてくるものに右往左往しエネルギーを消耗する日常になる。これを選択しているのは自分。

ここで使うエネルギーをやりたいことに使ったならば、どれだけ望む未来が早く叶っていくことか。

そして望む人生を叶えていくことを選択し実現していくのも自分。

同じ自分。

何が違うのか。

本質を見続けること。
心根に耳を傾け続けること。
本当を感じ続けること。

この心のしくみを知ること。

この世に唯一無二の存在である自分にとってとても大切なこと。

ライン

心のしくみ塾体験講座はこちらへ↓

詳細ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です