【心の育成・教育】「何度言ったらわかるのか!」という指示

あなたはあなた

うちの子は何度同じことを言っても行動しないんです。。。
うちの社員は何度同じことを言っても行動しないんです。。。

【相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である】

コミュニケーションの前提として実践心理学であるNLPには『相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である』というものがあります。

相手がわからない時に、伝える方は聞いている方が理解が無いと思いがちです。そして理解されないことに不満を持つことがあります。

【なぜ同じ言い方しかしないのか?】

とても興味深いことは、相手が理解していないとわかっていながら伝え方を変えないことです。

言い方を変えないことには2つ理由があります。

1つ目は、自分はわかっている、できているので自分は変化させる必要がない、相手が捉え方を変えることを望んでいることから起こります。
2つ目は、理解されなかったことへの“恐怖心”です。この恐怖心は1つ目の理由の根本にあるものでもあります。この恐怖心を拭うために「私の言うことわかるでしょ!」と何度も同じ言い方をし始めるのです。

【伝えたいのは誰ですか?】

これはとても大切なことです。

伝えたいのは自分であり、言われる相手ではないということです。

伝えたいのであれば、伝わるまで『やり方を変える』必要があります。相手を知って、相手がわかる言い方に変えることはコミュニケーションにおいての根本条件です。

言っても伝わらないなら、書いたらいい。映像にするのもいい。歌で伝えてもいい。一緒にやったらいい。

本当に伝えたいならやり方を変えることです

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら ↓ からどうぞ。

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング人が活きる組織実践塾心のしくみ塾人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認