【豊かな組織であるために】 何を褒めるのか


“できたこと”を褒めることは大切です。


“やろうとしたこと”を褒めることはさらに大切です。

何を褒めたらよいのかと悩むリーダーがいます。

結果を認めることは容易いことです。それは結果が見えているからです。
それはそれで大切なことです。

そしてさらに意識していただきたいことは、“やろう、しよう”としていることを見極めること。

見極めるために必要なことは、鋭敏な観察力です。

観察力が鋭敏であるためには、
その人に
①明確な目標を与え
②教え
③理解しているか確認し
④意識を向け
⑤見守ること

褒めることが難しいと悩んでいるときは、上記の何かがずれているときです。 

まずは明確な目標を伝わるまで伝えることです。

「配慮と工夫が組織を変える!それぞれの“特性”を知るセミナー」はこちらから

健康企業風土 人活®についてのお問い合わせはこちら↓から

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認