社員にはこうなってほしい、子どもにはこうなってほしいと思っているだけでは人は勝手に育ちません

なかなか社員が育たない、子どもが思うように動いてくれないなど聞くことがあります。

そしてどうしているのか尋ねると、「何度言っても行動しないからもう言うことをやめた!」「言うことが嫌になった」「諦めた」というような声を聴きます。

やめたり、嫌になったり、諦めたり。
人を育てる思いは、やめてもいいくらいのものだったのです。
その程度の想いだったのです。

しかし口にするのは、まだ心の中にあるからです。
心の中にありながら行動しないのは、自分への裏切りです。
なのでどんどんしんどくなります。そしてめげるまたはイライラする。そしてなかったかのように振る舞う。自分に嘘をついていることに気づかずに。そしてまたしんどくなるの繰り返し。

このスパイラルは自分を育てることをやめています。

自分を育てることをやめているのですから、人を育てることはできません。
ここは表裏一体ですから。

人育ては、自分育てです。そして共育ちになります。

自分の心の声を聴き、自分が考える自分を明確に目標設定し、自分を育てることが何より大切です。

自分以外の人に目は行きがちですが、目を向けるのは自分です。

どうぞ自分を育て、豊かな人生を創っていってください。

人育」に興味のある方はご覧ください。

心のしくみに興味のある方はこちらからお問い合わせください。