ちゃんと導けていると思っていたけれど・・・

相手の話を聴き始めるとそれは始まります。

相手の話を聴き始めると自分の考えや感情が動き始めます。

相手の話を聴こうと決めたはずなのに、それはそっちのけでアドバイスしたくなったり、それは違うだろうと言いたくなったり、モヤモヤしたり、イライラしたり、胸のあたりから突き上げてくるものがあったり。

そうしていると内部対話(自分の中の独り言)がどんどん出てきて・・・。

そしてどうなるか。

相手の話は聞こえなくなります。

そして言いたかった、溜まっていた自分の意見を言い始めます。

そうすると相手から何らかの反応が始まります。反発や不安そうな顔や話が止まるなど。

その反応が自分が得たいものでなければ、さらに自分の意見を押し付け始めます。

そしてそこに役職などのパワーがあればなおのこと。そして

はい!終了~!

相手は話をすることを止め、もう話してくれなくなります。

上手に話を聴くことができていると思っていたのに、導けていると思っていたのに・・・。

じゃあどうすればいいの?

それは、相手の話をドラマを見ているかのように聴くのです。物語を聴いているかのように聴くのです。

相手の人の中にあるものを、どのようにしてその結果になったのか、そのプロセスを聴くのです。

導くと思った段階で共依存の救済者です。

相手は自分に導いてほしいと言ったでしょうか?アドバイスを欲しいと言ったでしょうか?

言ってきたのであればそれは自分の意見を言うチャンスです。もしくはどうしてもいいたいのであれば「アドバイスしてもいいですか?」と許可をもらうことです。

なぜなら「話を聴かせてほしい」と面談しているのは自分だからです。相手が話す番なので途中に割って入るのは違います。

聴くことにコミットしていますか?

人の話を聴くときには、聴くと意識してコミットすることが大切です。

どうぞ大切な相手の話を全身全霊で聴いてください。

そうすることで互いがより良くなるために、組織がより良くなるために、お互いに意見を重ねて作り上げていくことができますから。

人育てのプロセスをお伝えしています。『人育リーダー養成講座2月開講です』