生活のためにやりたくもないことだけど働かないといけない

生活のためだからやりたくもないことだけど働かないといけない という言葉を聞くことがあります。

“生活のため” という目的が本当ならば、働くことで生活ができているなら達成しているので不満になるはずはありません。

“やりたくもないことだけど” というこの言葉が大切なのです。この言葉の本音は、望む状態を諦めている自分への不満を表しています。

本当の目的は、“やりたいことをやりたい!”です。

どうぞやりたいことを明確にして、やりたいことで働いてください。

働くことは縛られることではありません。

働くことは自分の作品を作り続けるようなものです。しかも一定の守られた枠(組織など)の中で。

よりよく、より喜んでいただけるように工夫し、創造し続けてください。

結果として生活はできていきます。

自分を犠牲にしているのも自分であれば、自分を豊かに取り扱うことができるのも自分です。

どうぞ豊かに自分を取り扱ってください。

心のしくみに興味のある方はこちらからお問い合わせください。