人を育てるときにこのような言い回しは古いですか?きついですか?

経営者やリーダーの方から時折いただく質問です。

もし自分の伝え方が古いと思うのであれば、それは本質を伝えているのではないということです。人は大昔からさほど変わっていないと思います。

なぜそう思うのか。

若いころから色々経験し、人生について振り返り考えるようになったころ死を迎える。と考えると、気づいたときに若い人たちに伝えても、その若い人たちも年を取り人生について振り返るようになったころにそういえばそんなこと言ってたなあというように思い出すかもしれなくて、そして死を迎える。

言い回しが古いと思っているのは自分であり、古いと意味づけしているのであれば、新しい言い方を考えて伝えればいい。古くても大切だと思うのであれば、わかってもらえるまで伝え続ければいい。

言い方がきついと思うのであれば、言い方を考えればいい。ただ言い方は根底にある思いが現れるので、根底が愛なのか、恐れなのか、そこだけ自分に確認しておけばいい。

愛なのであれば、とことん向き合い、伝え、相手が理解し納得し、行動が変わるまで見届ける

伝えたいのであれば、根底は愛なのか、恐れなのかを自分に確認し、愛であると確認したのであれば、伝わるまで伝え方を変えて伝える。

できますか?伝わるまで伝えること。
できますか?行動が変わるまで見届けること。

     *は、必須項目です。

    〔 お名前* 〕

    〔 会社名 〕

    〔 お問い合わせ項目* 〕
    研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

    〔 メールアドレス* 〕

    〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

     確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
     確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

     確認