【豊かな組織であるために】人材は希望にも失望にもなりうる。だからこそ

人材は希望にも失望にもなりうる。だからこそ

太陽

私たちは新たに人と出会うとき、期待に胸ふくらませたりします。

そして出会い、ともにいる時間が続いていく中で、期待通りにならなかったり、考えてもみなかったことが起こったりしていくと、相手に対して絶望を味わうこともあります。

希望も失望も自分が決めていることではありますが。

希望ある人材になるにもするにも、本人及び関わる人の意図が重要になります。良くなるために望むことを言っているでしょうか?
どこかで諦めてはいないでしょうか?
「どうせ自分なんて、人なんて、会社なんて、世の中なんてこんなもの」と思っていないでしょうか?

人材を生かすもダメにするも、重要なのはコミュニケーションの質です。

ただ話していることがコミュニケーションが取れているということではありません。

目標を明確にすること
現状を明確にすること
存在を尊重しながら望むことを明確に伝えること
伝えたことが伝わっているか確認すること
伝えたことが五感に落とせていること
望む結果になるために何が必要か明確に理解していること
そもそも明確とは何かを知っていること
    ・
    ・
    ・
コミュニケーションの質を良くする要素と経緯はまだまだありますが、これらは仕組みであり、関わりあっています。
手当たり次第にすることではなく、一連の仕組みに沿って進めていくときこそ望む結果が出ています。

今いる人材は、その人の最高の成果を出していますか?
あなたは、自分の最高の成果が今出せていると思いますか?
最高の成果が出せるコミュニケーションをしていますか?

モノ・カネ・情報を作り出しているのは、ヒトです。
ヒトの可能性は無限です。
どれだけヒトに希望を見いだせるかは、このことを考えている自分とのコミュニケーションそして相手とのコミュニケーションの質にかかっています。

コミュニケーションの質を知る人活講座はこちら