【心の育成・教育】 現実とは

私たちは、自分が見ている世界を現実だと思っています。

確かに現実です。自分の中を映し出した現実です。

自分の中を映し出したものでありながら、自分にとって気分を害するものや役立たない感情が起こった場合には、相手のせいにしてみたり、環境のせいにしてみたり、社会のせいにしてみたり。

自分にとって気分を害するものがあるときには、自分の価値観に反した行動や事象を見聞き感じたことによる恐怖心がでています。

であるならば次に行うことは、自分と周りが心地よくなるために、平常心になるために何を実践するのかということです。

自分が出来事をどのような現実としてみているのか。それを作り出すのは自分自身です。

自分と関わるものを豊かにするために、次にどのような行動を起こせば良いのか。大切なのはここで意識を活用すること。大切なのはこの思考です。

「配慮と工夫が組織を変える!それぞれの“特性”を知るセミナー」はこちらから

健康企業風土 人活®についてのお問い合わせはこちら↓から

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング人が活きる組織実践塾心のしくみ塾人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認