【心の育成・教育】非常事態が起きた時 人の心は

平常が平常でありつづけるわけではないことに気付くとき

平常でない状態を平常に戻そうと動き出す

平常であることが安心だからこそ

非常事態が起きた時

人はあまりにそれが非常であったとき

人に言うこと自体に特に意味がなく

自分が取り組むことであることを認識し

ただ淡々と取り組み始める

非常を非常であると語る者

それは事実としてそれでよし

しかし非常を非常であるかのように語る者

それは人を巻き込み、自分を憐れんでほしいという共依存の被害者を装う者

人の力を奪う者・・・共依存

非常であるにもかかわらず

非常であることを認識し淡々と取り組み始め

自分たちの手には負えないと思ったとき

救済を求める

自分の力を知り

人の力を必要としたことを認識し

人が助けてくれた時

それは感謝に変わる

すべてのことをどのように意味づけるかは自分自身

すべては自分の意味づけ次第

何が起ころう自分次第

そして平常を平常に保っている力を働かせている自分を誇ること

当たり前でなく、そのように行動している日々の自分を誇ること

ご感想やお問い合わせは、こちら ↓ からどうぞ。

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング人が活きる組織実践塾心のしくみ塾人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認