【心の育成・教育】正論が正解とは限らない

正論が正解とは限らない

例えば組織において 一社員の意見を聞いた時、その意見を取り入れるとその他の人たちとの不公平が生じるという正論。

‟今までの組織”であれば不公平が生じるというのは正論かもしれません。

しかし何を視点として正論なのか

個人
組織
社会
過去
現在
未来


どこを視点とするのかによって正論は変化します。

何を望んでいるのか。何を実現したいのか。

家族という組織も同じ。

正論を盾にした時点で何かを守るという行動であると同時に何かを排除したいという恐怖心の現れでもあります

排除しようとしている対象が社員なら、それが家族なら。

視点をどこに置くかによって正論は正論ではなくなります。

何を望んでいるのか。何を実現したいのか。

どのレベルでの正論なのかを考えてみることも大切なことです。

ご感想やお問い合わせは、こちら ↓ からどうぞ。

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング人が活きる組織実践塾心のしくみ塾人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認