【心の育成・教育】人生が変わるとき

人生 日に日に良くなってきています!

人生が変わったと感じるときには、すでにそのための行動を自分が起こしています。しかしそれは無意識から突き動かされた行動だけに意識は気付いていないことが多々あります。

心のしくみ塾で学んで3回、その結果として次のような事が起こっています。

「日に日に良くなっている感じがします。スイスイ物事が動き始めて、仕事の依頼も入ってきて。風通しが良くなったというか、関わる人とも対等な感じになってとっても楽になっています」

この学びはこのような変化を引き起こし始めます。要は自分が望んだ人生通りです。愛を持って本当に望むことが現実化していきます。

それは1回目の学びから変化が出始めます。これは誰でも出始めます。なぜなら1回目から自分の価値観に出会うからです。

しかし本当はこの学びに飛び込ましてくれているのが自分の価値観なのですが。

そんなにウマくいくの?

そんなにウマくいくの?という言葉もいただきますが、私たちはいずれにしても自分が望んだことが現実化しています。それは「こんなはずじゃなかったのに。。。」ということや「あーやっぱりこうなったか。。。」ということだったり。なってほしくないこともなることを想像して、それは嫌だと恐怖心を持ちながら行動するため、やはりその恐怖心が現実化し、結果、望まないけど考えてしまっていることが現実化するのです。

だからといってポジティブに考えれば良いのかというと、そう簡単にはいきません。不安があるのにポジティブに考えることは不一致ですから。無理にポジティブに置き換えると葛藤が起こり、さらに自分を苦しめます。

自分の心のしくみであるメカニズムを知り、自分が望むように取り扱えることが豊かな人生を送ることに繋がります。

自分が豊かになって、関わる方も豊かになっていく。そんな世界にしていくことが心のしくみ塾ではお伝えしています。

人生が変わったと気付くときには、無意識がすでに行動を持って教えてくれています。