【心の育成・教育】ドラマ 同期のサクラから~人が自ら動くとき~

ドラマ 同期のサクラから

12月4日 第8話 で主人公のさくらが会社に行けず、同期の励ましにも心が動かず伏せていた中で、同期の仲間が思いついたアイデアが、さくらがいつも心の支えにしていたじいちゃんからのFAX。

携帯から流れるFAXの音。
と同時に部屋の玄関ドアの下の隙間から、同期がメッセージを手書きした紙が一枚ずつ入ってくる。

ここで主人公のさくらは心が動き出すという場面。

この場面で起こっている心のしくみは、2つ。

1つ目は、同期たちが元気にしたいという思いで数々の励ましの言葉や行動でリーディングしようとしていたけれど、考えを変えて主人公がいつも心の支えにしていた“紙に手書きした言葉”にペーシングしたことです。
本当にその人をより良い状態にしたいのであれば、その人の中にあるものとの違いを減らすこと。
この場面はペーシングから望む状態へリーディングできた素晴らしい場面だと思います。

2つ目は、主人公が自ら動き出したこと。人が自ら動き出すには、その人が大切にしている価値観に触れたときであること。
この価値観が何であったのか。私はその価値観が“繋がり”だったのではないかと考えています。

じいちゃんとの繋がり
FAXでの繋がり
手書き文字での繋がり
同期との繋がり
地元との繋がり
  ・
  ・
  ・
島と本土を橋で繋げる夢も“繋がる”に繋がっているようにも思います。

人が自ら動くとき。心のしくみをお話できるとても素敵な場面だったので書いてみました。

心の宝

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング健康企業風土のための心理学講座心のしくみ塾特性セミナー人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認