【心の育成・教育】身近な人ほど雑に扱うのはなぜ?

菩薩

子ども・親・夫・妻・友人・同僚・社員・部下・・・そして『自分』

【大切な人を大切に扱えていますか?】

いつも一緒にいたり、頻繁に合う人ほど大切な存在なのかもしれないにも関わらず、だんだん慣れてきてそのうち接し方がどんどん雑になることはありませんか?

近い関係だけに色々な部分が見えてきて、それが自分の思い通りではないと思い始め、思い通りに動かないことにイライラが募ったり。

最初は『違う』ということを意識しているけれど、一緒にいる時間が長くなると『同じ』だと思い始める。

それが良い時もありますが。

不思議です。どうして『同じ』だとか『わかってくれているはず』と思い込みだすのでしょうか。

わかってほしい、わかっていてほしい、わかって行動してほしい、

私の思うとおりに

・・・。

誰もがみんなそう思っていたら衝突が起こります。もしくは大切な人がその場に居なくなってしまうか。

そしてこれは『共依存』です。
その根底は『恐怖心』です。

『居る』ことを当たり前だと思っていませんか?
『居る』ことは当たり前でしょうか?

一緒に『居る』人が自分にとって大切な人ならば、大切に接することです。

そしてずっと共にいる『自分』とこそ大切に接してください。

ライン

みんな違います。その違いを体験してみたい方は、こちらへ↓

詳細ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です