【心の育成・教育】自分を傷つけていることを無かったことにしていませんか?

芽

”今”心豊かな人は、自らの人格を尊重しています。
自らを尊重できるに値する行動を自らすることで存在を認めています。
それは周りに派生し、豊かな輪が広がります。

”今”心豊かでない人は、自らの人格を尊重していません。
自らを尊重できるに値しない行動を自らすることで存在を確認しています。
それは自らを傷つけ、周りを傷つける行動として広げていきます。

更にこの方法を使い慣れてくると自らを傷つけていることも無かったことにし、周りにも体裁を整えていきます。

例えるなら廃棄物や有害物質を埋め立てて更地にしているように。

しかし綺麗に見えるのは一時のこと。それは臭いを発し始め、漏れ出してきます。

それは自らを毒し、周りも巻き込んでいきます。

世のため、人のためと言い、自らを大切にせず活動しているならば、それは”共依存”です。

その存在と関わるものは、人格を尊重することに鈍感になっているか、使えれば良いと思っているか。

自らを大切にしている人は、人のため、世のためになっています。これは”共存”です。

私たち一人ひとりに与えられた役割は、自らを大切にすること。

「自らの人格を尊重しているのか?」

大切な存在である自分に対する重要な問いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です