【心の育成・教育】声かけ は “心かけ” の現れ

声かけしていますか?

社内でも、家庭でもコミュニケーションが大切であることは多くの人がわかっていることです。

会社のメンバーに、家族の誰かに声かけするということは気にかけているということです。

【声かけできるということは?】

声かけする人の

◆目標が明確であるということ

◆観察力が鋭敏であるということ

◆柔軟性が発揮できるということ

◆心身共に良い状態であるということ

◆行動に起こせているということ

これは心のしくみ塾の中でお伝えする『成功の5原則』です。
いかなる分野の人でも成功しているときは、この5原則に則っています。
声かけをするだけのことのように見えても、このプロセスを通っているのです。

【声かけの成功の5原則は?】

声かけする人の目標は、例えば

〇誰もが元気でいる
〇良い状態でいる
〇助け合う
〇皆で考える
など

これらの目標があるからこそ

観察力が鋭敏になります。
よ~く見ている、聴いている、感じているということです。

そして声かけの仕方も相手に合わせて柔軟性を発揮します。
ワンパターンではないということ。

そして上記の行動をするためには、‟自分‟ が心身共に良い状態であること。
自分の状態を整えられない人は、人のことを整えるサポ―トはできません。

そしてこれらのことが行動に起こせているということ。

【声かけの根底にあるものは?】

それは『愛』です。

愛に基づく「思いやり」とも言うかもしれません。

人に声かけできる人は、相手への想いがあるからこそ行動になります。

人に声かけできる人は、何より自分を大切にしている人です。

自分を愛している人です。

自分に心をかけている人です。

あなたは自分に心をかけていますか?
あなたは自分に声をかけていますか?

ライン

心のしくみを知りたい方はこちらへ↓

詳細ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です