【心の話】教育とは何か

あなたはあなた

【教育とは何か】

以前「自立型社員をどう育てるか」というテーマについて名古屋大学の植田教授のお話を伺いました。
その中で2つ興味深いものがありました。

一つ目は「”教育”とは何か」という問い。
二つ目は「”ヒト”は生まれた時から”人間”なのか」という問い。

一つ目は教育基本法から
教育基本法(昭和22年法律第25条)第一条
「教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない」

平成18年に改正後は
「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない」
になりました。

ここでこの文章の中の「人格の完成」という言葉が取り上げられました。

【考える力は育っているのか】

今の教育は知識や技能を伝えることになっているのではないか。
試験のための学びになっているのではないか。
本来は人間らしく自分の足で生きていけるための学びであるはずなのに。

「どうしてこうなるんだろう?」と疑問を持っても、考えているうちに置いていかれることがある授業では、とにかく覚えないと点数がとれないことになり、理由もわからず学ぶこととなる。
「根拠なく覚える」という認識に変わっていくことになる。

そして「なぜそうなるのか?」を考える力が削がれていく。
そして人に伝えられない、解決ができないということに繋がっていく。 
さらに解決できないことで自信が削がれていくことへも繋がっていく。

教育の本当の姿は「生きる力を育てること」ではないかと思います。

そうであるならば、生きる力の根本にある「自分の存在への肯定、信頼」も育てていくことが教育であると考えます。

次回のブログでは「”ヒト”は生まれた時から”人間”なのか」という問いについて書きます。

2件のコメント

  1. いつも心に響くお話ありがとうございます!
    立ち止まって、ゆっくりと考えるきっかけをいただいています。
    是非『こころの教科書』を創っていただきたいなぁ。。
    次の更新も楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です