【心の育成・教育】 心はすぐには変わらない!?

心2

「心はすぐには変わらない」という人に「心はすぐに変わります」と伝えても見たことも聞いたことも体感したことはないのであればわからないのは当然です。

しかし「さらに良くなりたい」「もっと〇〇したい」など思うのであればそれは『変わりたい』と思っているということです。

だからこそ環境を変えてみる、行動を変えてみるなど方法を変えてみることで達成し、自分の「心が変わった」ことを体験した人もいるかもしれません。

それも一つのやり方です。

そしてここで大切なことは、過去のどこかで変えようと思ったけれど変わらなくて、自分の心は❝傷ついている❞ということ。
だからこそ他の方法で自分を制し、時間や体や心を費やし、その結果を手に入れることができたということ。

それも生き抜くために必要だった肯定的意図です。

ただ大切なのは過去の自分は❝傷ついている❞ということ。
そしてさらに傷をなかったことにするために自分を制し、傷つけているということ。

なかったことにしたかった傷は、なかったことにはなりません。

これが人に意図的に影響を与える立場の人であれば、その方法を伝えること、行動させることをするでしょう。なぜならその方法で結果を得、自分が変わったと体感したから当然のことです。

しかしその影響を受ける人たちは「心はすぐには変わらない」という前提の元、さらに自分を制し、時間や体や心を費やすことをさせていくのです。

私たちは自分の経験が全てだと思いがちですが、『自分の認識は現実そのものではありません』

傷つくことが一瞬であったように、癒すことも短時間でできるのです。

この可能性があることを知ることは重要なことです。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

お問い合わせボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です