【人が離れるリーダーの条件⑦】 ~正誤~

人が離れる条件

あえて『人が離れる』という視点でみてみると気付きがあります。

働いている人が辞めることは企業にとって痛手になります。

リーダーにとっては「何が原因だったのだろう」と考える悩みの種にも成りえます。

ではどうして人が離れていくのでしょうか?

辞める原因(良い悪いではない)は辞める側にもあるものの、今回もリーダーの条件からみてみます。

【条件 ⑦】

人の育成は『相手が間違っているという見方で接する』ようではできない。

このような会話を日常聞くことがあります。

上司:「意見を言ってみなさい」

部下:「〇〇だと思います」

上司:「それは間違っている!」

部下:「・・・・」

これは人のやる気を一瞬にして削ぎます。

意見を言わせておいて、全否定。

このあとにこの上司は持論を話し続けることでしょう。自分が正しいんだ!という思い込みのもと。

しかし否定された側からすると、自分が受け入れられていないので、相手を受け入れることは難しくなります。

つまりどれだけ伝えようと話したとしても伝わらないということです。

そしてまた上司は、自分が話したことが伝わっているのか確認したくて質問します。

「意見を言ってみなさい」と。

この確認は“恐怖心”からくるものです。

そしてまた同じ会話が繰り返される。

言葉は記号です。己が言うと書いて「記」。言葉は記号です。あくまで記号です。

その言葉の意味付けを相手に訊いてみると、自分が思い込んでいる意味と違うことに気づきます。

言葉は伝えたいことを全て伝えきれているわけではありません。

だからこそその言葉の後ろにあるものを聞き出すことにエネルギーを使うのです。とても興味深いことや発見がでてきます。

相手に話を聞いてもらいたいなら、相手の話を聞くことです。その意味付けまで聞くことです。

ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら ↓ からどうぞ。

 *は、必須項目です。

〔 お名前* 〕

〔 会社名 〕

〔 お問い合わせ項目* 〕
研修依頼講演依頼カウンセリング人が活きる組織実践塾心のしくみ塾人活セミナー理念セミナー性格検査 MBTIこころの勉強会お金に関する『心の取扱説明書』然現心還(心理・筆跡「本質」セッション)その他のご質問やお問い合わせ

〔 メールアドレス* 〕

〔 ご依頼・ご質問・お問い合わせ内容 〕

 確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
 確認できましたら「確認」にチェックを入れて、「上記の内容で送信する」ボタンをクリックしてください。

 確認