【営業心の話】 結果を残せる営業の重要な土台3要素

営業

「営業というものはお客様に下から行くものですが、営業するモノによっては下から行っててはダメですよ」と言われている方の話を聞きました。

ビックリ!!です。

この話をした方が

どのような視点でお客様の見て、

どのような営業をしているのか、

またどのようなクレームが起こっているのか想像がつきます。

【上だの下だの なんだそれ??】

心のしくみから言えばこのような気持ちで営業をしている人がいるとするならば、この営業はお客様を尊重していないことになります。

「下手に出ていればいいや」という思いがあるからです。

相手を尊重していないということは、大切な自分の存在も尊重していないことになります。

自分を尊重していない方から商品やサービスを買おうと思うでしょうか?

まずは思わないでしょう。

【お客様も喜ぶ結果を残せる営業がしている大切な3要素とは】

① 自分を信頼・尊重していること

② 商品を愛していること

③ 会社を信頼していること

時々、「会社はもういいんです。意見をしても改善されないし諦めます。自分はお客様のためになることを考えます」という話も聞くことがあります。

これは会社に対して失望していたり、諦めていたりするのですが、いくらお客様のことを考えても、会社という組織が提供しているものであり、その中に属している以上、会社を信頼できずしてお客様のためにはなり得ません。

なにより自分の根底に打撃を与えています。どんな打撃なのか。
「こんな会社しか選べなかった自分の見る目の無さ」に対してです。
結局、自分を痛めつけることをしていることに気付く必要があります。

また「こんな商品!」と商品について不満を持っていては結果を残せるはずもありません。もしこれで結果を残せるのなら、「責任」という価値観に課題があることになります。

そして何より会社に信頼性があっても、商品が良くても、自分という土台に自信がなければ上に何を載せても傾き、崩れていきます。

一瞬成績が上がったように見えても長続きはしないということです。

この3要素を「きれいごとだ」という方もいますが、これをきれいごとと思っているようではどんな営業ノウハウ本を読みあさろうと身につかないです。なぜならば土台がしっかりしていないからです。だからこそ営業ノウハウ本がどんどん売れるとも言えますが。

そして結果を残せる、いえ自分もお客様も世間も喜ぶ結果を残せる営業の方はこのことを無意識にあるいは意識的に一貫性が通っています。

【何が重要なのか】

       
      自分です。

商品知識も会社のブランドも自分を信じていなければ、活かしようがありません。

まずは自分!最後まで自分!です。

次は『会社ブランドへの依存』について書こうと思います。

ライン

自分への信頼に興味のある方へ↓

詳細ボタン
ライン

ご感想やお問い合わせは、こちら↓

お問い合わせボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です