【人が離れるリーダーの条件㉒】直感をねじ伏せる

人が離れる条件

あえて『人が離れる』という視点でみてみると気付きがあります。

働いている人が辞めることは企業にとって痛手になります。

リーダーにとっては「何が原因だったのだろう」と考える悩みの種にも成りえます。

ではどうして人が離れていくのでしょうか?

辞める原因(良い悪いではない)は辞める側にもあるものの、今回もリーダーの条件からみてみます。

【条件㉒】

人の育成は『直観をねじ伏せる』ようではできない。

 

「あっ!これはいいかも!」という
自らの直感を
あたかも正当であるかのような他者目線の意味付けで
こねくり回したり、ねじ曲げたりしながら
当初の直感の感覚を変形させていく人は
自らを貶めていることに気付かぬまま
あたかも変形させた後のものが正しいかのごとく
堂々と自分をごまかし、気付かぬままに朽ちていきます

自分の時間を作る人は
常に自分の大切な人達に心を配っています
それがゆえに、時間を作りたいときに作ることができます

自分の時間を作ることができない人は
その時になって自分の周りの人達を大切にすることを言い訳に心を配り出し
そしてそのことに時間を費やし自分の時間を潰していきます

人を育成する上でも、その犠牲を相手に強いるため
それが嫌な人は去っていき
残るものは侵されていきます

後手の気付きは
自分も他者も大切にしていない現われであり
人生そのものに支障をきたします

ライン

「心の育成」セミナー・研修・講演・カウンセリングのお問い合わせは、こちら↓

お問い合わせボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です