【人が離れるリーダーの条件⑯】 ~固執~

人が離れる条件

あえて『人が離れる』という視点でみてみると気付きがあります。

働いている人が辞めることは企業にとって痛手になります。

リーダーにとっては「何が原因だったのだろう」と考える悩みの種にも成りえます。

ではどうして人が離れていくのでしょうか?

辞める原因(良い悪いではない)は辞める側にもあるものの、今回もリーダーの条件からみてみます。

【条件⑯】

人の育成は『行動に固執する』ようではできない。

 

【 目的と手段が入れ替わる?! 】

・信頼できる社員であってほしい。
・存在を大切にする社員であってほしい。
・責任感のある社員であってほしい。

など望む社員像はあるものです。

そして次なる思考のプロセスとしては「その為には・・・」と動いていきます。

・信頼できる社員である為には、挨拶ができること。
・存在を大切にする社員である為には、人に声掛けできること。
・責任感ある社員である為には、期限を守ること。

など行動に落としていくことになります。

そして行動に落とし込むとその行動に意識が向くようになります。

ここで目的と手段が入れ替わります。

行動は意識の領域のため、見たら、聞いたらわかるだけにその行動ができていなければ、その行動をすることへ更に固執していくようになります。

 

【 この世は諸行無常 】

すべては変化し続けます。

変化に対応するためにこそ大切なのは「目的」です。

変わらないために変え続けるもの。
変え続けるからこそ変わらないもの。

とても大切なことです。

 

【 固執するならば 】

固執するものは、行動ではなく、目的です。

企業では『理念』です。

『理念』は無意識の領域にある価値観を意識に上げ、明文化したものです。

毎日理念を唱和しているのに・・・という言葉を聞くことがありますが、毎日単に唱和しているからいつしか無意識になり、理念の本当の意図が分からなくなるのです。

目的である『理念』の意図さえ理解、納得していれば行動は変化します。

行動に固執することは本末転倒です。
行動は意識の領域であり、わかりやすいだけに囚われてしまうのです。

重要なのは『理念』『価値観』を意識化し続けることです。

ライン

これらの心のしくみを知りたい方はこちら↓

詳細ボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です